NOCO DESIGN

インテリアデザイナーが考える、建築インテリアと福祉住環境。        ** Interior & Barrier-free           NOCO DESIGN **

カテゴリ: その他

こんにちは。Moriです。

先日、ドラム式洗濯乾燥機を購入しました。

 

わたしは今までタテ型の洗濯機しか使ったことがなかったのですが、「すごく楽になる」という家電量販店の販売員さんの言葉にくらっときて、購入しました。もうすぐ家族が増えるので、きっと我が家では大活躍してくれると期待しています。


IMG_0250



 

まずは、試しと


① 季節の変わり目で使わなくなった毛布を入れた洗濯ネット
② 寝具のシーツを入れた洗濯ネット
③ 日々の洗濯物

 以上をドラムに入れて「洗濯・乾燥ボタン」を押してみたところ「容量オーバー」でした。一番最初はどれぐらいの洗濯物を入れたら良いか感覚が掴めていません。何事もお試しです。 今度は「洗濯ボタン」を押してスタート。結果、途中で脱水エラーとなり、強制ストップとなりました。入れすぎ。
 
 毛布の入った洗濯ネットを取り出して再運転、順調に脱水は終了し、乾燥に移行。しかし、今度は「乾燥時間再計測中」の表示がされて、いつまでも乾燥が終わりません。 


 洗濯ネットに入ったシーツがお団子状態になり乾かず仕舞い。全部ネットから出して再び「乾燥ボタン」を押しました。結果、洗濯物はふわふわになりました。

 

 残りの毛布もネットから出して脱水・乾燥。トータルで洗濯開始から9時間ほどでやっと終わりました。適切な洗濯物の量さえ分かれば、ボタンひとつで4時間ほどで終わります。

 一番最初は入れすぎで何回も止まってネットから出してなどしていたため、労力と電気代がかかりました。何事も最初は仕方ないです。

 

 後日、何度も使っていくうちにコツを掴みました。「洗濯・乾燥ボタン」は洗濯物の適正容量が分れば、こんな便利なボタンはありません。朝、放りこんで4時間後にはふわふわです。物によってパリッとさせたい場合は干した方がいいですよ。旦那さんのカッターシャツは脱水後に干すこともあります。

 

 乾燥終了後、扉を開くとゴムパッキンにすごい量のホコリが溜まります。このホコリを取っておかないと、せっかくきれいになった洗濯物が汚れてしまうので、掃除機でホコリを吸ってから取り出すことをおすすめします。

 ドラム式洗濯機の良い点は

    ① 干す手間が省ける。
    ② 水道代が節約できる。
    ③ 仕上がりがふわふわになる。 
  
 悪い点は
    ① いちどにたくさん「洗濯・乾燥」出来ない。
    ② 乾燥まで行うと電気代がかかる。
    ③ パッキンの掃除が毎回必要。 

 身重のわたしにとってはベランダに出なくて良いだけ助かります。部屋干しは見栄えが悪かったし、これからドラム式洗濯機は我が家で活躍しそうです。 この体験談が少しでも購入の参考になれば幸いです。


 私事で恐縮ですが、妊娠8ヶ月目となりました。産休まであと少しよろしくお願いします。



interior & barrier-free NOCO DESIGN の佐藤です。

清々しくも晴天の11月吉日。
佐藤が基本設計を行った物件の建て方がありました。

基礎しか出来ていない状態から、大工さん達がいっせいに、1日で建物の2階の屋根まで造ります。

この日の職人さん達は、いつもにも増してかっこよく、頼もしく見えます。
誇りを持ってお仕事されているのでしょう。

171110



どうか何事もなく無事に竣工しますように。

interior & barrier-free NOCO DESIGN の佐藤です。


先日、ごく近い親類の入院・手術がありました。幸いにも手術は成功し、術後の大変な時期を経てめきめきと回復しました。身内としては、本当に胸をなでおろした次第です。

入院期間は2週間だったのですが、その間、本人の夫(78歳)の介助をすることになりました。
いつもは夫婦で助けあっている二人を見ているだけの立場でしたが、実際に介助をしてみると、その大変なこと!
介助といっても、「だいたいの事は自立で出来るのですが、とても時間がかかる」くらいの身体能力です。
上着を羽織る時、腕をなかなかジャケットのアームホールに入れられない。とか、立ったままズボンをはくのはふらついて転倒しそう。だけどなんとか出来る。とか、カーデガンのボタンがなかなかボタンホールを通せない。とか・・・。

まだまだ元気だと思っていたのですが、2週間一緒に過ごして、見守り・介助の必要性をとても感じました。

その必要性とともに強く感じたのは、介助する側の充実感といいますか、喜びのような癒やしのようなもの。
それは、「自分が人の役に立っている」という想いなんでしょうけど、介護職の魅力を垣間見たひとときでした

同様の感情は、3月末に仙台へボランティアに参加した時にも感じました。

このGWに熊本地震のボランティアが始まったようですが、そのニュースの中で、汗と埃にまみれたボランティアの青年がインタビューを受けて、「自分も癒やされてる気がしました。」と言っていました。
同じように感じる人は多いようです。


interior & barrier-free NOCO DESIGN はボランティア団体でも福祉団体でもありませんが、「人のお役に立つ」というスタンスは同じです。お客様一人ひとりに合わせた、より質の高いデザインを提供したいと思っています。

このページのトップヘ