interior & barrier-free NOCO DESIGN の佐藤です。

暖かくなってきたある日のこと、ボランティア活動としてドックセラピーを継続的に行っている友人にお願いして、活動に参加させていただきました。犬とのふれあいの楽しさを、普段なかなか生き物と接する機会の少ない人々に味わっていただく事を目的とした活動です。

わんこ達とのふれあいを施設利用者の皆様とても楽しみにされており、セラピーが始まると笑顔がはじけました。

2205
帽子の下は皆笑顔です。


大事なお役目を果たしたのは、ピットブルテリア・四国犬・ドーベルマン・ワイマラナー・トイプードルの5匹。
この子達は、ここで自分が何をするべきなのかちゃんと理解し、自分で考えて行動の出来るスーパードッグです。
この子達を育てた友人達が何よりとても素晴らしいのですが。

jpgのコピー


自慢の我が子がお役に立てれば自分も嬉しいし、褒められた犬も喜び、施設利用者の方々にも喜んでいただける。ボランティアの醍醐味ですね。


2255


佐藤は長年一緒に暮らした2頭の大型犬をなくし、15年ぶりに犬のいない生活をしておりますが、またいずれお行儀の良いわんこを育てて、セラピーに連れていきたいと思っています。