NOCO DESIGN

インテリアデザイナーが考える、建築インテリアと福祉住環境。        ** Interior & Barrier-free           NOCO DESIGN **

interior & barrier-free NOCO DESIGN の佐藤です。

暖かくなってきたある日のこと、ボランティア活動としてドックセラピーを継続的に行っている友人にお願いして、活動に参加させていただきました。犬とのふれあいの楽しさを、普段なかなか生き物と接する機会の少ない人々に味わっていただく事を目的とした活動です。

わんこ達とのふれあいを施設利用者の皆様とても楽しみにされており、セラピーが始まると笑顔がはじけました。

2205
帽子の下は皆笑顔です。


大事なお役目を果たしたのは、ピットブルテリア・四国犬・ドーベルマン・ワイマラナー・トイプードルの5匹。
この子達は、ここで自分が何をするべきなのかちゃんと理解し、自分で考えて行動の出来るスーパードッグです。
この子達を育てた友人達が何よりとても素晴らしいのですが。

jpgのコピー


自慢の我が子がお役に立てれば自分も嬉しいし、褒められた犬も喜び、施設利用者の方々にも喜んでいただける。ボランティアの醍醐味ですね。


2255


佐藤は長年一緒に暮らした2頭の大型犬をなくし、15年ぶりに犬のいない生活をしておりますが、またいずれお行儀の良いわんこを育てて、セラピーに連れていきたいと思っています。

interior & barrier-free NOCO DESIGN の佐藤です。
風薫る5月となりました。気持の良い季節ですね。

5月の休暇についてのご連絡です。

2017年GWはカレンダーどおり、3日(水)より7日(日)まで連休をいただきます。
また、それに加えてNOCO DESIGNでは21日(日)より28日(日)まで連休をいただく予定としております。
お陰様でここのところ忙しくしておりましたので、この機会にスタッフ共々リフレッシュし、みずみずしい気持でよい建築・よいインテリアを提案したいと思います。

今後とも宜しくお願い致します。



こんにちは。はじめまして
interior & barrier-free NOCO DESIGN スタッフのMoriです。

所長と愛知県一宮市にある墨会館を見学に行きました。

IMG_1526


1957年(昭和32年築60年)丹下健三さん設計の建物です。
2008年(平成20年)に国登録有形文化財として登録、
その後2014年(平成26年)に耐震補強工事が完了し今の姿になりました。
墨会館公式HP


耐震、耐震、なんて、地震のたびに言いますが、文化財の耐震改修ってかなり難しい気がしませんか?
この建物の凄い部分の一つに
「オリジナルデザインを崩さない耐震改修」だと、わたしは思います。

一部をご紹介すると

コレとか

IMG_1566

コレとか

IMG_1563

 一見してわからないように耐震改修で建物の補強工事が施されているんです。
 どこだかわかりますか?
 こういう部分を見るのはとても楽しかったです。

 ※平成29年3月4日・5日にイベント開催するそうです。
・上映会「もしも建物が話せたら」第27回東京国際映画祭特別招待作品
・ガイドツアー(要予約)
ガイドボランティアさんに建物の案内していただくと、見学がより楽しくなります。
 墨会館公式HP

 ところで、先ほどの写真、どこが補強してあるのか気になりますよね?
 現地で見て頂きたいですが・・・特別に正解も載せておきます!

 「現地で見て、探すんだ!」という方は「続きを読む」をクリックしないで楽しみにとっておいてください。
 では、以上Moriの建物見学レポートでした。
 もっとデザインに触れた記事も発信していけたらと思います。
 それはまたの機会に。読んでいただきありがとうございました(^_^)ノ

 

続きを読む

このページのトップヘ