NOCO DESIGN

インテリアデザイナーが考える、建築インテリアと福祉住環境。        ** Interior & Barrier-free           NOCO DESIGN **

interior & barrier-free NOCO DESIGN の佐藤です。

早いもので今年もGW目前となってきました。
ついこの間お正月だったのに・・・。と一人つぶやいております。

さて、NOCO DESIGNのGW休暇ですが、4月28日(土)から30日(月)まで連休をいただき、5月1日2日は通常業務、再度5月3日(木)から6日(日)まで連休をいただく予定となっております。

おかげさまでスタッフ共々忙しくしておりますので、この休みをしっかりと充電期間にあてたいと考えております。
今後共宜しくお願い致します。


こんにちは。Moriです。

先日、ドラム式洗濯乾燥機を購入しました。

 

わたしは今までタテ型の洗濯機しか使ったことがなかったのですが、「すごく楽になる」という家電量販店の販売員さんの言葉にくらっときて、購入しました。もうすぐ家族が増えるので、きっと我が家では大活躍してくれると期待しています。


IMG_0250



 

まずは、試しと


① 季節の変わり目で使わなくなった毛布を入れた洗濯ネット
② 寝具のシーツを入れた洗濯ネット
③ 日々の洗濯物

 以上をドラムに入れて「洗濯・乾燥ボタン」を押してみたところ「容量オーバー」でした。一番最初はどれぐらいの洗濯物を入れたら良いか感覚が掴めていません。何事もお試しです。 今度は「洗濯ボタン」を押してスタート。結果、途中で脱水エラーとなり、強制ストップとなりました。入れすぎ。
 
 毛布の入った洗濯ネットを取り出して再運転、順調に脱水は終了し、乾燥に移行。しかし、今度は「乾燥時間再計測中」の表示がされて、いつまでも乾燥が終わりません。 


 洗濯ネットに入ったシーツがお団子状態になり乾かず仕舞い。全部ネットから出して再び「乾燥ボタン」を押しました。結果、洗濯物はふわふわになりました。

 

 残りの毛布もネットから出して脱水・乾燥。トータルで洗濯開始から9時間ほどでやっと終わりました。適切な洗濯物の量さえ分かれば、ボタンひとつで4時間ほどで終わります。

 一番最初は入れすぎで何回も止まってネットから出してなどしていたため、労力と電気代がかかりました。何事も最初は仕方ないです。

 

 後日、何度も使っていくうちにコツを掴みました。「洗濯・乾燥ボタン」は洗濯物の適正容量が分れば、こんな便利なボタンはありません。朝、放りこんで4時間後にはふわふわです。物によってパリッとさせたい場合は干した方がいいですよ。旦那さんのカッターシャツは脱水後に干すこともあります。

 

 乾燥終了後、扉を開くとゴムパッキンにすごい量のホコリが溜まります。このホコリを取っておかないと、せっかくきれいになった洗濯物が汚れてしまうので、掃除機でホコリを吸ってから取り出すことをおすすめします。

 ドラム式洗濯機の良い点は

    ① 干す手間が省ける。
    ② 水道代が節約できる。
    ③ 仕上がりがふわふわになる。 
  
 悪い点は
    ① いちどにたくさん「洗濯・乾燥」出来ない。
    ② 乾燥まで行うと電気代がかかる。
    ③ パッキンの掃除が毎回必要。 

 身重のわたしにとってはベランダに出なくて良いだけ助かります。部屋干しは見栄えが悪かったし、これからドラム式洗濯機は我が家で活躍しそうです。 この体験談が少しでも購入の参考になれば幸いです。


 私事で恐縮ですが、妊娠8ヶ月目となりました。産休まであと少しよろしくお願いします。


こんにちは。インテリア&バリアフリーNOCO DESIGNのスタッフ・Moriです。

先日、岐阜県多治見市笠原町にある「モザイクタイルミュージアム」に行ってきました。とても感動しましたので、皆様にもモザイクタイルミュージアムを紹介したいと思います!

それは2月上旬、真冬の日のことでした。

坂を上がって行くと、突然現われる「壁」みたいな物体。これが建物?これがモザイクタイルミュージアム???かなりのインパクト!!!変わった建物です。建築史家の藤森照信先生が建築した建物で、今、インスタ映えするスポットして女子に大人気です。わたしが行った日も、可愛い玄関扉で女の子達が写真を撮っていました。とても楽しそう。エントランスの雰囲気は「おとぎの国」か「ジブリ作品に出てきそうな場所」です。

IMG_20170722_151805


受付を済ませて、まずは4階へ。

階段を上がる途中に、空中に浮いた黒いオブジェがあります。わたしは光窓に浮かんだ鼻? と思ったのですが、学芸員さんが「黒い陶器、黒陶。これは足です」と教えて下さいました。とても素敵な作品なので、訪れた際は、エレベーターではなく階段をおすすめします! モザイクタイルミュージアムの外観が見えた時と同じくらいの感動をわたしは覚えました。


4階屋上展示スペースは真っ白。白い丸いタイルが床壁天井に施されていて、銭湯っぽい空間だと感じました。古くて貴重なものがたくさんあります。受付で頂いた目録を見ると、一般家庭で実際に使われていた当時の「とあるもの」が展示されていますよ。ただ、冬はすごく寒いです。しっかり防寒を! ここでも女の子達が写真を撮りまくっていました。白い空間に展示されている作品は、とても鮮やかで映えます。

 

3階は屋内で写真撮影は禁止。タイルの歴史を勉強できます。資料館、博物館的な空間でした。

 

2階はおしゃれなカフェかな? と思わせる第一印象です。

ここで展示されているタイルは現在製造・販売されていて、実際に建築現場で施工されているものばかりです。テーブルはガラス天板で、覗くとモザイクタイルのアート作品が展示してあります。ここもインスタ映えします。金魚のタイルがとても素敵でした。 最新のタイル情報も得られる産業振興フロアなのですが、コンシェルジュカウンターとテーブルがカフェぽい空間をイメージさせたのかもしれません。

こちらでは建築家藤森先生が掲載されている本も閲覧できます。建物の魅力も詳しく知ることが出来ます。

IMG_20170722_152241


学芸員さんが、外観写真を見せてくださって「この形、何に見えますか?」と尋ねてくれました。自由な発想で、様々な形をみなさんおっしゃるそうです。わたしは季節柄「鏡餅」と言ってしまい、学芸員さんは初めて聞いたと驚いていました。モザイクタイルミュージアムはどんなことも全部アートに感じます。

 

1階受付がある場所に戻ってくると、暖炉を見つけました。入った時は、インパクトのある車に目が入って気付きませんでした。ここもインスタ映えしますよ。実は学芸員さんから「建物に煙突がある。ということは、1階になにがあるでしょう?」と謎かけをいただいていました。そのアンサーです。作品も学芸員さんもとてもおもしろくて、楽しく見学できました。

1階には体験工房とショップもあります。記念にひとつタイルがほしくなります。表札にいいなーと思ったアルファベットタイル、今度もう一度見にいきたいと思います。

 

道中の笠原町もモザイクタイルがあふれています。ドライブに行った際は町並みも楽しめますよ。学校の門や、町の看板、ガウディー作品のような鮮やかな作品が出迎えてくれます。

 

タイルの町、岐阜県多治見市笠原町のモザイクタイルミュージアム。ちょっと足をのばすと土岐市の大型アウトレットモールでお食事やショッピングも出来ます。

おすすめスポットです!

 


このページのトップヘ